スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐賀 熊の川温泉と古湯温泉

今回の佐賀旅は、前記事の、ちゃんぽんお目当て。

そしてそして、何か温泉はないかと思って下調べしてたら、


バスでいける、温泉が、ヌル湯!!しかも、熊の川と、古湯、二箇所もあるのです!!

ヌル湯にゆっくりつかるのが好きなので、すんごく楽しみにしていったら、期待を裏切らないお湯でした~!!

さが 熊の川温泉



バス停降りて一緒におりたおばちゃんに「熊の川浴場はどちらですか?」って聞くと、

「こっち、ついてきて」と、、

「ほら、これよんで!ここは素晴らしい温泉だって事がかいてるから」

さが 熊の川 温泉

つきました。なかなか渋い。

さが 熊の川浴場

おばちゃんの温泉レクチャーは続いて、休憩所、券の買い方、すべて教えてくれました。

「お昼もってきてないの??」と驚かれ、
「言ってあげればよかったねー」とも。(いや、今初対面ですョ。。笑)

「仕方ないね、そしたら、出前もあるし、近くに食事処もあるから、食べ終わったらまたはいったらいいわ」との事(笑)
(熊の川の違う浴場にも行く予定だったけど、その流れが面白くて、ずっとここにいちゃいました♪)

どうやら、ここは朝入って、お昼、ごはんを食べて、またお湯につかるというのが常連さん達のすごしかたみたいです。

一日をかけて、温泉♪いいなぁ。

肝心のお湯は、、

楽しみにしていた、ヌル湯は、ぬるいを通りすぎて、、冷たい!!

今回も夜行バスでついたので、少し、お湯につかりながら寝ようと思ってたのに、冷たい刺激で目がさめて、寝るどころじゃなかったです。


佐賀  熊の川温泉

二つの大きい浴槽と、手前に小さい浴槽があってそこが加熱された熱いお湯はいってます。(このロケーション、湯船の数、景色、山空海に、にてるっ。もっと小さく、鄙びさしたら、サンクウカイだぁ
熱い湯船と交互に、、はいらないと絶対無理!!

でもこの冷たい(ぬるい)浴槽が加温、加水なしの、源泉かけ流しなのです。

ぶくぶくわいてきてます。アトピーとかに効くお湯だそうです。

佐賀 熊の川温泉 源泉

お昼はいったんでて、湯の里で、オムライス。
ボリュームたっぷりで、中はケチャップライスでなかなか美味しくて感激♪

さが 湯の里

そしてまた、熊の川浴場に戻りました♪♪

地元や九州付近からこられてる方々とのお話、温泉の受付の方、

いろいろ聞けて楽しかったです♪♪

熊の川浴場、、めっちゃ好きになりました!またきたい!!!

熊の川から、古湯まではバスですぐなんだけど、バスの時間きくと、受付の方に「う~ん、あなた歩けるわ!」っていわれたので、じゃあ歩こうと、歩いていきました。

おススメされた道が川沿いでとっても気持ちよかったです!!

さが ウォーキング


古湯温泉前

つかさ旅館宿泊。

ここのごはんがほんとすべて美味しかった!!!!

苦しいぐらいおなかいっぱいになった量でした。

佐賀 つかさ旅館

佐賀 つかさ旅館 夕食2

佐賀 つかさ旅館夕食


佐賀 つかさ旅館夕食4

佐賀 つかさ旅館 夕食5

佐賀 つかさ旅館夕食6

これにデザートもついてました♪♪

お風呂は浮世絵があります♪

お宿でもヌル湯を堪能。(ただし、冬場は加温、循環、塩素有なんだそうです)


さが つかさ旅館 お風呂

朝食。

さが つかさ旅館 朝食

そして、古湯温泉館。

さが 古湯温泉館

ここは300円。休憩付なら500円。(でも四時以内の利用なら300円でオッケーです)

広めの共同浴場なので賑わってました。

ここも、、入っては二階で休憩したり、ごはん食べて、また入る人が多いのです。

ヌル湯はゆっくりつかれるので長時間温泉施設にいる人が多い。



東京の蒲田周辺の黒いお湯。

愛媛で幾つもみかけた、歩行浴。

佐賀の、一日かけて楽しむ、ヌル湯。


各地の温泉銭湯文化が面白いなぁ。と。。


佐賀ではちょうどひなまつりがはじまってました。

商店街で無料でぜんざいくばってました。

さが ぜんざい


隣のお姉さんと少々雑談してると、「佐賀に!?佐賀に!?佐賀にぃ!?」

と旅できてる事をいうと驚かれていました(笑)

佐賀、美味しいし、良い温泉!

人がイイ!!

めっちゃ好きです!!


ちなみに、帰り、博多からバスなので屋台にいこうかと思ってたら、まさかの、、、ユキで。。

ラーメン食べて帰りました。


前回の道後、今回の博多、両方往復で7千円代でいけちゃう。

やっぱバスお手軽でいいわぁ。


また今夜ものっちゃいま~す。

スポンサーサイト

テーマ : 湯巡り♪ - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。